ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.30 千早茜

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.30 千早茜

デビュー作で泉鏡花賞を受賞して十年、真摯な作家の素顔
vol.30 千早茜

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2020年4月号
小説新潮2020年4月号より

著者プロフィール

千早茜

千早茜チハヤ・アカネ

1979(昭和54)年、北海道生れ。立命館大学卒業。幼少期をザンビアで過ごす。2008(平成20)年、小説すばる新人賞を受賞した『魚神(いおがみ)』でデビュー。2009年、同作にて泉鏡花文学賞、2013年、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞した。『あとかた』と2014年刊行の『男ともだち』はそれぞれ直木賞候補となる。他の小説に『からまる』『西洋菓子店プティ・フール』『ガーデン』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(クリープハイプ・尾崎世界観との共著)『神様の暇つぶし』『さんかく』『透明な夜の香り』など、エッセイに『わるい食べもの』がある。

著者プロフィール

千早茜チハヤ・アカネ

1979(昭和54)年、北海道生れ。立命館大学卒業。幼少期をザンビアで過ごす。2008(平成20)年、小説すばる新人賞を受賞した『魚神(いおがみ)』でデビュー。2009年、同作にて泉鏡花文学賞、2013年、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞した。『あとかた』と2014年刊行の『男ともだち』はそれぞれ直木賞候補となる。他の小説に『からまる』『西洋菓子店プティ・フール』『ガーデン』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(クリープハイプ・尾崎世界観との共著)『神様の暇つぶし』『さんかく』『透明な夜の香り』など、エッセイに『わるい食べもの』がある。

千早茜
以前の記事 » « 新しい記事

トラックバック- 0件

トラックバックURL:
https://www.shinchosha.co.jp/smt6/mt-tb.cgi/15738

コメント- 0件

コメントを投稿

氏名*
メールアドレス*
コメント*