ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.21 長崎尚志

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.21 長崎尚志

数多の作品を生み出す博覧強記な作家の知られざる日常。

vol.21 長崎尚志

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2019年2月号
小説新潮2019年2月号より

著者プロフィール

長崎尚志

長崎尚志ナガサキ・タカシ

作家、漫画原作者、漫画編集者。出版社勤務時代から様々な漫画作品の編集を担当し、週刊漫画雑誌の編集長も経験。後に退社しフリーとなる。漫画原作・脚本に『MASTER キートン』『PLUTO』『BILLYBAT』(浦沢直樹)、リチャード・ウー名義で『クロコーチ』(コウノコウジ)、『アブラカダブラ〜猟奇犯罪特搜室〜』(芳崎せいむ)等多數。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』(講談社)で小説家としてデビュー。『編集長の条件』は『闇の伴走者』『黄泉眠る森』に続く「醍醐真司の博覧推理ファイル」シリーズ3作目。他著書に『パイルドライバー』(KADOKAWA)がある。

著者プロフィール

長崎尚志ナガサキ・タカシ

作家、漫画原作者、漫画編集者。出版社勤務時代から様々な漫画作品の編集を担当し、週刊漫画雑誌の編集長も経験。後に退社しフリーとなる。漫画原作・脚本に『MASTER キートン』『PLUTO』『BILLYBAT』(浦沢直樹)、リチャード・ウー名義で『クロコーチ』(コウノコウジ)、『アブラカダブラ〜猟奇犯罪特搜室〜』(芳崎せいむ)等多數。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』(講談社)で小説家としてデビュー。『編集長の条件』は『闇の伴走者』『黄泉眠る森』に続く「醍醐真司の博覧推理ファイル」シリーズ3作目。他著書に『パイルドライバー』(KADOKAWA)がある。

長崎尚志