ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.15 深沢潮

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.15 深沢潮

民族、家族の問題を書き続ける作家のとっておきの癒やしとは。

vol.15 深沢潮

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2018年5月号
小説新潮2018年5月号より

著者プロフィール

深沢潮

深沢潮フカザワ・ウシオ

東京都生まれ。2012年「金江のおばさん」で第十一回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。著書に受賞作を含む『ハンサラン 愛する人びと』(文庫版『縁を結うひと』)『ひとかどの父へ』『緑と赤』『伴侶の偏差値』『ランチに行きましょう』『あいまい生活』『海を抱いて月に眠る』などがある。

著者プロフィール

深沢潮フカザワ・ウシオ

東京都生まれ。2012年「金江のおばさん」で第十一回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。著書に受賞作を含む『ハンサラン 愛する人びと』(文庫版『縁を結うひと』)『ひとかどの父へ』『緑と赤』『伴侶の偏差値』『ランチに行きましょう』『あいまい生活』『海を抱いて月に眠る』などがある。

深沢潮