ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.18 芦沢 央

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.18 芦沢 央

火のないところに煙は』が大ブレイク中の作家の素顔。

vol.18 芦沢 央

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2018年9月号
小説新潮2018年9月号より

著者プロフィール

芦沢央

芦沢央アシザワ・ヨウ

1984(昭和59)年、東京生れ。千葉大学文学部卒業。2012(平成24)年、『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。ほかの著書に『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『貘の耳たぶ』『火のないところに煙は』などがある。

著者プロフィール

芦沢央アシザワ・ヨウ

1984(昭和59)年、東京生れ。千葉大学文学部卒業。2012(平成24)年、『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。ほかの著書に『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『貘の耳たぶ』『火のないところに煙は』などがある。

芦沢央