ホーム > 新潮新書 > 新書・今月の編集長便り

新潮新書

今月の編集長便り 毎月10日のメルマガで配信さている「編集長から」を「今月の編集長便り」として再録しました。こんなことを考えながら日々仕事しています。

謎が解ける話

 本を読むことで長年の謎が解ける瞬間があります。8月刊『ジャニーズは努力が9割』(霜田明寛・著)も、そんな瞬間をくれた1冊でした。自身ジャニーズ入りを目指した時期もあるという著者が、スターたちの成功の秘密を「努力」というキーワードで読み解いて行きます。さらに、彼らを見出したジャニー喜多川さんの「育てる力」を多角的に分析。
 数多のプロダクションの中で、ジャニーズ事務所が突出して男性アイドルを輩出しているのはなぜか。今は亡き「噂の真相」的な観点では、「圧力」とかそういう解釈になるのでしょうが、それでは到底説明できません。
 また、売れている人を見ると必ずしも見た目が突出しているわけではないこともあります。では彼らはなぜ伸びて行ったのか。
 著者は過去の膨大なインタビュー記事やテレビ、ラジオでの発言をもとにこうした疑問に答えていきます。素材はジャニーズですが、手法はかなりオーソドックスな学問的なアプローチです。それだけに説得力があり、とても面白い読み物になっています。
 なお、もともとこの本は8月刊の予定で進めていましたが、ジャニー喜多川さんが他界されたので、少しだけ発売日も早めました。決して便乗して出したものではありません。

 他の3点もご紹介します。

2019/08

セカチューの話

 新刊のタイトル、内容などの情報は大体発売の1か月くらい前から、ネット書店などに流れるようになっています。固定読者、ファンの多い著者の作品の場合、その段階で話題になることも珍しくありません。
 7月新刊『世界の中心でAIをさけぶ』(片山恭一・著)も、6月半ばすぎあたりから、一部ネット上では話題になっていたようです。その理由は、著者があの大ベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』と同一だからでしょう。「セカチュー」は流行語にもなり、さまざまなパロディも当時作られたはず。空港で叫ぶシーンを模したコントなんかもあった気がします。大抵、平井堅さんの名曲が同時に流れる。
 それでも、まさか本家本元からこういうタイトルが飛び出るとは......というのはきわめてノーマルな反応です。
 しかし、内容は決して小説のパロディでもありませんし、ふざけたものでもありません。担当者が書いた内容紹介を読めばよくわかるはずです。
「世界に新しい宗教が生まれつつある。その名は『シンギュラリティ』。急速に進化する人工知能がやがて人間知を超えたとき、人間存在の意味はどこに見いだせるのか。
ビッグデータとアルゴリズム、AIが支配するデジタルテクノロジーの中心地アメリカ西海岸を旅しながら、変わりゆく人々の思考様式、労働と民主主義の価値、国家と企業の未来像を見つめる。ベストセラー作家が深く問う、AI時代の人間の意味論」
 アメリカというまさに「世界の中心」で「AI」について考えぬいた斬新な論考。そう考えるとタイトルがふざけたものではないことはご理解いただけるのではないでしょうか。

 他の3点もご紹介します。

2019/07

なんでだろうの話

 テツ&トモのネタのように、「言われてみるとなんでだろう」ということがあります。
 6月新刊の『ベストセラー伝説』(本橋信宏・著)で扱っている「科学」と「学習」についての謎は、私にとってはまさにそれでした。
 世代によってまったく認知度が異なるのですが、かつて学習研究社(当時)が小学生向けに発売していた雑誌が「科学」と「学習」の2誌です。何が「言われてみると......」なのかといえば、「なんであの雑誌は堂々と学校内で販売していたんだろう」ということ。ご存じない世代の方のために補足すれば、この2誌だけはなぜか毎月校内に誰かが売りに来ていたのです。子供の頃は「そんなもんか」と思っていたのですが、よく考えれば公立学校が一社にのみ便宜をはかっていたのは明らかにおかしい。
 同書によれば、これは版元の巧みな販売戦略によるものでした。簡単にカラクリを言えば、戦後、公職追放になっていた元校長さんたちを現地で販売部長として雇っていた、ということになります。学校には彼らに頭が上らない元部下やら後輩がいるので、大胆なセールスが出来たというのです。もちろん、これとて現代では問題視される行為ですが、そこは大らかな昭和の時代ならでは、というところでしょう。
 他にも「平凡パンチ」『ノストラダムスの大予言』等、懐かしいベストセラーの知られざるエピソード満載なので、本好き、特に昭和生まれの方にはお勧めします。

 他の新刊3点も「なんでだろう」に答えてくれます。

2019/06

自意識の話

 買おうと思っていた本や、見たいと思っていた映画が何かの拍子で大きな話題になると、かえって買ったり見たりしづらい気持ちになることがあります。誰もこっちに興味なんかないのはわかっていても、売り場の人に「あっ、お調子者がやってきたぞ」などと思われるのではあるまいか、と思ってしまうのです。お調子者だろうが、にわかファンだろうが、売る側からすればお客さんなのでありがたいはずなのですが、いい年こいて無駄な自意識が邪魔をするのでしょうか。
 一方で、何か話題になるとすぐに動いて、お金を使ってくださる方もいます。最近でいえば「令和」発表直後に、「万葉集」関連書籍がかなり売れたようです。新元号の由来が万葉集だと報じられると、「じゃあ読んでみるか」と思われたということなのでしょう。
 そういう思考法のほうが景気にもいい影響を与えるし、多分、日々が明るいに違いないと思うので、もう少し何かに「乗っかる」習性を身に付けねばと思いました。

 5月新刊『深層日本論―ヤマト少数民族という視座―』(工藤隆・著)は、「万葉集」についても一章を割いている、大きなスケールの日本論です。何せ日本国の成り立ちから太平洋戦争の敗戦、戦後までを一気に論じます。軸となっているのは、日本人は「ヤマト少数民族」である、という仮説で、中国の少数民族を対象としたフィールドワークもベースになっている......といってもわかりづらいとは思いますが、「日本人とは何者か」という普遍的なテーマに新たな視点を与えてくれる1冊です。

 他の3点もご紹介します。

2019/05