ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:ジュンパ・ラヒリ

ジュンパ・ラヒリ

Lahiri,Jhumpa

著者プロフィール

1967年、ロンドン生まれ。両親ともカルカッタ出身のベンガル人。幼少時に渡米し、ロードアイランド州で育つ。大学・大学院を経て、1999年「病気の通訳」でO・ヘンリー賞受賞。同作収録のデビュー短篇集『停電の夜に』でニューヨーカー新人賞、ピュリツァー賞ほか独占。2003年、第一長篇『その名にちなんで』発表。2008年刊行の『見知らぬ場所』でフランク・オコナー国際短篇賞を受賞。2013年、長篇小説『低地』発表。『べつの言葉で』は夫と二人の息子とともに移住したローマで、イタリア語で書かれた初のエッセイ集。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

ジュンパ・ラヒリ
登録する

書籍一覧

ジュンパ・ラヒリが紹介した本