ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:関裕二

関裕二

セキ・ユウジ

著者プロフィール

1959(昭和34)年、千葉県柏市生れ。歴史作家。仏教美術に魅了されて奈良に通いつめ、独学で古代史を学ぶ。1991(平成3)年に『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビュー。以後精力的に執筆活動を続けている。主な著作に『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』『伊勢神宮の暗号』『海峡を往還する神々』『王剣強奪』『消えた出雲と継体天皇の謎』『伏見稲荷の暗号 秦氏の謎』『古代史 50の秘密』『前方後円墳の暗号』『神武天皇vs.卑弥呼』「古代史謎解き紀行」シリーズなど多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

関裕二
登録する

書籍一覧

関裕二が紹介した本