ホーム > 書籍詳細:孤独の意味も、女であることの味わいも

傷を負っても、最愛の子を喪っても、人生には必ず意味がある――。

孤独の意味も、女であることの味わいも

三浦瑠麗/著

1,404円(税込)

本の仕様

発売日:2019/05/17

読み仮名 コドクノイミモオンナデアルコトノアジワイモ
装幀 筒口直弘(新潮社写真部)/カバー写真、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 142ページ
ISBN 978-4-10-352252-2
C-CODE 0095
ジャンル エッセー・随筆
定価 1,404円
電子書籍 価格 1,404円
電子書籍 配信開始日 2019/05/17

女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて語る。

著者プロフィール

三浦瑠麗 ミウラ・ルリ

1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。近著に『21世紀の戦争と平和――徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は初の自伝的著作である。

ブログ:山猫日記 (外部リンク)

メールマガジン:三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」 (外部リンク)

書評

徹底した自省こそが孤独を癒やす道

茂木健一郎

 公的な領域と、私的な部分は、いつも交錯しているのだと思う。
 政治の傾向には、裏に生育歴を含めた個人の心理のあやが投影されることが多い。絶対的に見える価値だって、私と無縁ではない。苦しいときに自分を助けてくれない神さまなんていらないとかつて小林秀雄は言った。
 三浦瑠麗さんは、国際政治学者として活躍し、歴史や平和の問題、安全保障の課題についての発言が注目されている。最近では、徴兵制の必要性について重厚な考察を著し、議論を呼んでいる。今日の日本の公共的言論空間における輝ける「スター」の一人だろう。
 その三浦さんが、きわめて私的な領域について告白的な文章を書かれた。それが『孤独の意味も、女であることの味わいも』である。
 書き下ろしのこの作品を読みながら、私は、次第に今とんでもないものを目にしているという気持ちになっていった。
 公的な空間における要諦が、「身だしなみ」を整えることだったり、「体面を保つこと」であるとするならば、三浦さんのこの本はそのような所作から最も遠いところにある。
 ここにあるのは、自分の内面、体験の意義を見つめ直そうとする、容赦ない正直さである。自分のみっともないところも、弱いところも、強いところも、優れたところも、ダメなところも、自分という鏡に映して描き尽くそうとしている。
 三浦さんが自分を見つめる言葉は、年月を経て現場の生々しさを残しつつも、次第に浄化されていく。貝殻の模様が波にもまれて次第に古代の絵画のような印象を与えるように、三浦さんの言葉も読者にやさしく届く。描かれていることはときに凄まじく、悲痛であるにもかかわらず(中にはショッキングな事実の開示もある)、言葉が読者の心にやさしい音楽のように響き続けるのは、それだけ、三浦さんが自省の感情労働を積み重ねてきたからだろう。
 ここにあるのは成熟だ。それと同時に、平穏を突き破りかねない魂の動きだ。表現者としての衝動だけでなく、そもそも三浦瑠麗という一人の人間の魂の根本運動が活写されている。女であること。孤独。人間関係の祝福と呪い。込められた熱量の大きさとまろやかに磨かれた言葉の手触り、バランスが秀逸だ。
 大切なことは、このような私的な領域における三浦さんの感性、自己の内面を見つめる目の質が、公的な領域における三浦さんの発言と通底しているということだ。
 夏目漱石は、『硝子戸の中』で、「去年から欧洲では大きな戦争が始まっている」と第一次大戦に触れ、その上で「小さい私と広い世の中とを隔離しているこの硝子戸の中」のことを書く決意を綴った。
 三浦さんもまた、本書で自分自身の「硝子戸の中」のことを書いている。女であることの困難やよろこび、孤独と人のぬくもりを綴る「三浦さん」と、歴史や平和、徴兵制のことを論ずる「三浦さん」は同じ「三浦さん」である。本書で見せたような容赦ない自己洞察と、その一方での感性の成熟は、気がついてみれば公的な空間における三浦さんの論の質に照り返されている。
 ともすればイデオロギーが先行し、党派性が支配しやすいテーマにおいて、自分が本当のところどう感じているのか。そのありのままの「メタ認知」の中に、その論者の人間性が顕れる。体重がのせられる。そうであってこそ、言論に重みが生まれる。参照すべき「個」となる。
 公的な言論を深めるためには、人は時に自己という井戸に降りていかなくてはならない。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は、三浦瑠麗という人の、切れば血が出るような極私的なさまざまを描いて、かえって、公共空間における三浦さんの論の由来するところを照射している。
 本書は、出版されれば大きな反響を呼ぶだろう。女であること、男であることの困難に悩んでいるすべての人に読んでもらいたい。秘私の告白がかえって公共に通じるという奇跡。人と人はわかりあえる。徹底した自省こそが孤独を癒やす道なのだ。

(もぎ・けんいちろう 脳科学者)
波 2019年6月号より
単行本刊行時掲載

関連コンテンツ

トークイベント プレゼントキャンペーン

刊行を記念し、読者のみなさんにお集まりいただく機会を設けます。著者・三浦瑠麗さんに、執筆の動機、なぜ自伝的な形式を選んだか、「孤独と女であること」をテーマにしたのはなぜか、息苦しさ・理不尽との距離をどう取るか、この本を誰に読んでほしいか、すでに届いている感想を目にしてどんな印象を抱いたかなど、限定30名、肉声の届くこぢんまりとした会場で、じっくり語っていただこうというのがイベント開催趣旨です。Twitterで投稿いただいた感想・コメント・質問にも、可能な範囲でお答えいただこうと思っています。

日時:2019年7月18日(木)19:00~
場所:東京都新宿区内某所

参加方法

(1)『孤独の意味も、女であることの味わいも』公式Twitterアカウント(@kodokunoimi2019)をフォロー

(2)ハッシュタグ#孤独の意味も感想 を付けてTwitterで『孤独の意味も、女であることの味わいも』について自由に発信してください

1.Twitterをフォローする

2.ツイートする

[→]#孤独の意味も感想 のツイートを見る

応募期間

2019年6月5日(水)~6月21日(金)23:59

抽選・当選者発表

厳選なる抽選の上、当選者にはTwitterのアカウントへ公式アカウントよりダイレクトメッセージ(DM)をさせていただきます。

個人情報の取り扱いについて

・当選者よりお預かりした個人情報は株式会社新潮社が厳重に管理し、当選者の当選連絡および賞品の発送以外の目的で利用することはありません。

・法令により適用を除外されている場合を除き、原則として事前に同意を得ずに第三者に提供することはありません。

ご注意事項

本条件に予めご同意いただいた上でご参加ください。
・投稿する前に『孤独の意味も、女であることの味わいも』公式Twitterアカウント(@kodokunoimi2019)を必ずフォローしてください。当選者にはDMでご連絡します。
・投稿の非公開設定をONにされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。
・投稿を削除、もしくは公式アカウントのフォローを外した場合も応募が無効となります。
・応募で使用するTwitterアプリの設定や使い方については、各アプリ提供会社にお問い合わせください。
・Twitterをご利用の際は、規約を遵守してください。
・弊社のやむを得ない都合により、応募期間やイベント内容が変更となる場合がございます。
・応募内容に不備があった場合は抽選の対象外となります。
・開催地までの交通費などは当選者がご負担ください。
・当選した権利を他者に譲渡することはできません。
・当選した権利を、交換したり現金に変えることはしないでください。
・一週間以内にDMへの返信がなかった場合は当選を放棄したと見なし、無効とさせていただきます。
・本キャンペーンは新潮社による提供です。Twitter社が関与するものではありません。
・応募いただいた内容や抽選および審査結果などの個別のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
・DM連絡を以て当選発表と代えさせていただきますが、当選者の投稿内容は抽選後、改めて公式SNSや新潮社サイトなどでのご紹介、および宣伝物への流用の可能性もございます。予めご了承ください。
・異なる内容であればお一人様あたり複数回の投稿可です。ただし、トークイベントへのご招待はお一人様一名までとなります。同一人物で異なるアカウントを用い、それらの投稿が共に選ばれた場合も、ご招待は一名です。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦瑠麗
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本

孤独の意味も、女であることの味わいも

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

孤独の意味も、女であることの味わいも

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!