ホーム > 書籍詳細:謎とき『風と共に去りぬ』―矛盾と葛藤にみちた世界文学―

謎とき『風と共に去りぬ』―矛盾と葛藤にみちた世界文学―

鴻巣友季子/著

1,404円(税込)

本の仕様

発売日:2018/12/26

読み仮名  
シリーズ名 新潮選書
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 288ページ
ISBN 978-4-10-603835-8
C-CODE 0395
ジャンル 文芸作品、文芸作品
定価 1,404円

これは恋愛小説ではない。分裂と融和、衝突と和解――高度な文体戦略を駆使して描かれたのは、壮大な矛盾のかたまりだった。全編を新たに訳した著者ならではの精緻なテクスト批評に、作者ミッチェルの人生も重ね合わせ、現代をも照射する「読み」を切り拓く。

著者プロフィール

鴻巣友季子 コウノス・ユキコ

1963年東京生まれ。翻訳家。訳書にエミリー・ブロンテ『嵐が丘』、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』、マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』(全5巻)、J.M.クッツェー『恥辱』『イエスの幼子時代』、マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者』ほか多数。文芸評論家、エッセイストとしても活躍し、『明治大正翻訳ワンダーランド』『カーヴの隅の本棚』『熟成する物語たち』『孕むことば』『本の寄り道』『全身翻訳家』『翻訳教室 はじめの一歩』『翻訳ってなんだろう? あの名作を訳してみる』『翻訳問答』シリーズなど、多数の著書がある。

イベント/書店情報

感想を送る

新刊お知らせメール

鴻巣友季子
登録する
文芸作品
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本