ホーム > 書籍詳細:ドナルド・キーン著作集 第十二巻 明治天皇〔上〕

ドナルド・キーン著作集 第十二巻 明治天皇〔上〕

ドナルド・キーン/著 、角地幸男/訳

3,300円(税込)

発売日:2015/07/31

書誌情報

読み仮名 ドナルドキーンチョサクシュウ12メイジテンノウ01
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 ドナルド・キーン著作集
発行形態 書籍
判型 A5判
頁数 414ページ
ISBN 978-4-10-647112-4
C-CODE 0395
ジャンル 全集・選書
定価 3,300円

その実像を発見したい!

日本史上、最も際立つ存在でありながら、内面の思考や性格がほとんど見えない明治天皇。幕末期の騒然たる世相の下、若くして即位し、開国・維新へと向かう流れの中で、天皇はいかに国を率いようとしたのか――。碩学が、誰も書かなかったその人物像に迫る。

目次
序章
第一章 孝明天皇
第二章 祐宮誕生
第三章 ついに開港へ
第四章 タウンゼンド・ハリスの要求
第五章 結ばれた不平等条約、天皇は譲位を表明
第六章 睦仁の学問
第七章 皇女和宮
第八章 天皇と将軍の「逆転」、公家の血気
第九章 蛤御門の変
第十章 条約勅許問題と将軍家茂の死
第十一章 孝明天皇崩御
第十二章 若き天皇、皇后を迎える
第十三章 最後の将軍徳川慶喜
第十四章 王政復古、掲げられた「錦の御旗」
第十五章 外国公使引見
第十六章 「五箇条の御誓文」
第十七章 相次ぐ反乱
第十八章 即位、改元、そして東の都へ
第十九章 気質は「剛毅木訥仁ニ近シ」
第二十章 エジンバラ公の謁見
第二十一章 元田永孚を侍読とする
第二十二章 藩ヲ廃シ県ト為ス
第二十三章 初めての巡幸
第二十四章 副島種臣の成功、西郷隆盛の敗退
第二十五章 江藤新平の首、台湾出兵

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

(1922-2019)1922年ニューヨーク生まれ。コロンビア大学卒、同大学教授。1962年、古典ならびに現代日本文学の翻訳による海外への紹介の功績により菊池寛賞。1998年、『日本文学の歴史』全18巻完結等により朝日賞。2002年、『明治天皇』により毎日出版文化賞。そのほか多数の著作により読売文学賞、日本文学大賞、全米批評家協会賞など多くの文学賞を受賞。2008年、文化勲章受章。2012年、日本国籍を取得。2019年、逝去。

角地幸男

カクチ・ユキオ

『明治天皇』(新潮文庫)、『日本人の戦争』(文春文庫)、『ドナルド・キーン自伝』(中公文庫)など、日本文学研究家ドナルド・キーン氏の著作の翻訳者。1948(昭和23)年、東京神田生。早大仏文卒。ジャパンタイムズ編集局勤務を経て、現在、城西短期大学准教授。『明治天皇』の訳業で毎日出版文化賞受賞。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ドナルド・キーン
登録
角地幸男
登録
全集・選書
登録

書籍の分類