ホーム > 文学賞 > 新潮ドキュメント賞

新潮ドキュメント賞

主催:一般財団法人 新潮文芸振興会

 第20回 新潮ドキュメント賞 受賞作品

こどもホスピスの奇跡―短い人生の「最期」をつくる―

石井光太

新潮社

授賞理由

ホスピスは大人だけのものではなく、難病と闘う子供たちにとっても必要不可欠である。日本ではじめて誕生した「こどもホスピス」の存在を、丹念な取材で知らしめた感動の記録。 (文責・新潮文芸振興会事務局)

〔著者略歴〕

石井光太(いしい・こうた)
1977年、東京都生まれ。作家。日本大学芸術学部文芸学科卒。2005年『物乞う仏陀』でデビュー。その後、国内外の社会問題、事件、医療などをテーマに執筆活動を行う。『遺体』『浮浪児1945−』『「鬼畜」の家』『本当の貧困の話をしよう』『夢幻の街』『近親殺人』などのノンフィクション作品のほか、小説や児童書も手掛ける。

第20回 新潮ドキュメント賞 候補作品

一八〇秒の熱量 山本草介 双葉社
エクソダス―アメリカ国境の狂気と祈り― 村山祐介 新潮社
こどもホスピスの奇跡―短い人生の「最期」をつくる― 石井光太 新潮社
起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男― 大西康之 東洋経済新報社
災害特派員 三浦英之 朝日新聞出版

第20回 選考委員

第20回 賞規定

記念品及び副賞百万円

本賞は下記の規定により、ジャーナリスティックな視点から現代社会と深く切り結び、その構成・表現において文学的にも良質と認められる作品一篇に授与する。

一、 選考の対象は、ノンフィクション作品(雑誌掲載も含む)とする。
一、 第20回は、令和2年7月1日から令和3年6月30日までを対象期間とする。
一、 選考委員/池上彰 梯久美子 櫻井よしこ 藤原正彦 保阪正康(五十音順)

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品