購入

小澤征爾×村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』
著者紹介
小澤征爾
オザワ・セイジ

1935(昭和10)年、奉天(中国・現瀋陽)生れ。成城学園中学・高校を経て、桐朋学園で斎藤秀雄に指揮を学ぶ。1959年、仏・ブザンソンで行われたオーケストラ指揮者国際コンクールで第1位を獲得。ヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタインに師事し、1961年ニューヨーク・フィルの副指揮者となる。その後、トロント交響楽団、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督などを経て、1973年からボストン交響楽団の音楽監督を29年にわたり務めた。2002年、日本人として初めてウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを指揮し、同年秋にはウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任(~2010)。2008年、文化勲章受章。現在、サイトウ・キネン・フェスティバル松本総監督、小澤征爾音楽塾塾長、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀主宰、新日本フィルハーモニー交響楽団桂冠名誉指揮者、水戸室内管弦楽団顧問として活躍中。





40年前に「世界のオザワ」と言わしめた中田よりもイチローよりもスゴイ挑戦。

音楽
小澤征爾、武満徹






村上春樹
ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。長編小説に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)『ノルウェイの森』『ダンス・ダンス・ダンス』『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)『スプートニクの恋人』『海辺のカフカ』『アフターダーク』『1Q84』、短編小説集に『回転木馬のデッド・ヒート』『TVピープル』『レキシントンの幽霊』『神の子どもたちはみな踊る』『東京奇譚集』、ノンフィクションに『アンダーグラウンド』『約束された場所で』などがあり、エッセイ・翻訳書も多数。近著に『村上春樹 雑文集』『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』、訳書『バット・ビューティフル』(ジェフ・ダイヤー著)がある。





ポートレイト・イン・ジャズ
和田誠、村上春樹

ジャズをほんとうに好きな二人が作った記念碑的ジャズ名鑑。

バット・ビューティフル
ジェフ・ダイヤー、村上春樹/訳

その共和国にはとてもシンプルな名前がついている。ジャズ――。

ペット・サウンズ
ジム・フジーリ、村上春樹/訳

村上春樹×ブライアン・ウィルソン。ビーチ・ボーイズの最高傑作に隠された、繊細な青年の愛と哀しみのドラマ!

ジャズ・アネクドーツ
ビル・クロウ、村上春樹/訳

ジャズ・ミュージシャンという“部族”が残した、とっておきの逸話集。


Jazz! Jazz! ジャズがあればこの世はほとんど極楽だ!





ページの先頭へ戻る