ホーム > 書籍詳細:瀬戸内寂聴全集 〔第四巻〕〈短篇2〉

瀬戸内寂聴全集 〔第四巻〕〈短篇2〉

瀬戸内寂聴/著

6,600円(税込)

発売日:2001/05/10

書誌情報

読み仮名 セトウチジャクチョウゼンシュウ04タンペン2
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 瀬戸内寂聴全集
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 552ページ
ISBN 978-4-10-646404-1
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 6,600円

21世紀の読者に向けて自らが精選した決定版全集。

男と女の愛の儚さと、究極の孤独を思い知らされた主人公を描く短篇群。この巻の中では唯一私小説的な手法で書かれた「黄金の鋲」、新しい手法で取り組んだ「予兆」「うちうみ」「墓の見える道」他、ガラスの灰皿に注いだブランデーの青い焔の中から生まれた「蘭を焼く」など著者43歳から47歳までに書かれた15篇収録。

目次
貴船
巴里祭
冬銀河
春の弔い
龍燈祭
黄金の鋲
幽会
雁の便り
予兆
樹の幻
うちうみ
さざなみ
公園にて
墓の見える道
蘭を焼く
解説 瀬戸内寂聴

解題

関連コンテンツ

著者プロフィール

瀬戸内寂聴

セトウチ・ジャクチョウ

1922(大正11)年5月15日徳島生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。1992(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。1998年に『源氏物語』(全10巻)の現代語訳を完訳。2006年文化勲章を受章。著書に『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』『比叡』『手毬』『いよよ華やぐ』『釈迦』『秘花』『奇縁まんだら』『月の輪草子』『わかれ』『老いも病も受け入れよう』『求愛』『いのち』など多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

瀬戸内寂聴
登録
全集・選書
登録

書籍の分類