ホーム > 書籍詳細:さらば南紀の海よ

さらば南紀の海よ

西村京太郎/著

605円(税込)

発売日:2021/08/01

書誌情報

読み仮名 サラバナンキノウミヨ
装幀 中坊正男/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-128542-9
C-CODE 0193
整理番号 に-5-42
ジャンル 文学・評論
定価 605円

特急「くろしお」爆破事件と余命僅かな女の殺人事件! 十津川警部、南紀白浜に。

特急「くろしお」爆破事件発生! 余命一年以内と宣告された、入院中の伊藤美由紀が殺され、彼女の飲み屋を手伝っていた結城幸子も行方不明に。母殺害の疑惑を受けた息子の雄介は、「南紀白浜温泉に行きたい」という、病床での母の言葉の意味を探るため、白浜に向かう。そして、母親の情報を教えるという男の指示を受け雄介が乗った「くろしお」が爆破され――。十津川警部は急遽、南紀白浜に。

目次
第一章 母の死
第二章 さっちゃん
第三章 過去からの声
第四章 母の面影
第五章 反応
第六章 兄弟
第七章 さらば南紀の海よ

著者プロフィール

西村京太郎

ニシムラ・キョウタロウ

1930(昭和5)年、東京生れ。1963年『歪んだ朝』で「オール讀物」推理小説新人賞、1965年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞をそれぞれ受賞。 1981年に『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞する。2004(平成16)年には日本ミステリー文学大賞を、2019年には「十津川警部」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞した。鉄道ミステリー、トラベルミステリーに新境地をひらき、常に読書界の話題をさらうベストセラーを生み出している。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

西村京太郎
登録

書籍の分類