ホーム > 書籍詳細:白洲次郎・正子の夕餉

うるさい夫妻も黙った、旬の手料理120品と器づかいのごちそう。

白洲次郎・正子の夕餉

牧山桂子/著 、野中昭夫/写真

2,808円(税込)

本の仕様

発売日:2008/12/19

読み仮名 シラスジロウマサコノユウゲ
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 143ページ
ISBN 978-4-10-303754-5
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション、クッキング・レシピ
定価 2,808円

里いもの煮ころがしから目刺し、洋風おでん、すっぽん鍋、焼き鳥まで、白洲さんちならではの作り方、盛りつけ方、食べ方があるのでした。愛娘が明かす、両親の“人には言えない”好き嫌いの秘密やなぜかこだわった器の話など、意外なエピソードとともに、夕ごはんを一緒にどうぞ。好評『白洲次郎・正子の食卓』の姉妹版誕生!

著者プロフィール

牧山桂子 マキヤマ・カツラコ

1940年東京生まれ。白洲次郎・正子の長女。2001年10月に東京・鶴川の旧白洲邸 武相荘を記念館として開館。著書に『次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家』『白洲次郎・正子の食卓』『白洲家の晩ごはん』など。

野中昭夫 ノナカ・アキオ

1934年、新潟県生れ。1957年、早稲田大学商学部卒業後、新潮社写真部に入社。「芸術新潮」のスタッフ・カメラマンとして長年、活躍。連載「ローカルガイド」及び「現代人の伊勢神宮」で日本雑誌写真記者会賞受賞。現在、フリー。撮影を担当した単行本には、白洲正子ほか『白洲正子のきもの』(2002)、牧山桂子『白洲次郎・正子の食卓』(2007)、『白洲次郎・正子の夕餉』(2008 全て新潮社)など、とんぼの本シリーズにも『道祖神散歩』(1996)、『蕪村 放浪する「文人」』(2009)などがある。

書評

波 2009年1月号より 日本一かっこいい夫妻との、食卓をはさんだ対決 牧山桂子『白洲次郎・正子の夕餉』と、次郎と正子をもっと知るための新潮社の本

編集部

白洲正子(一九一〇~九八)が亡くなって丸十年。夫君の白洲次郎(一九〇二~八五)への注目度も年々高まり、“白洲人気”はとどまるところを知らない。
かたや英国仕込みのジェントルマン。裏方に徹しつつ自らのプリンシプル(原則)を貫いた男。かたや伯爵家令嬢。能や古典文学、骨董に傾倒、ゆるぎない美意識を持った女性。しかも美男美女カップル。その人、風貌、仕事、そして暮らし方に私たちは惹かれ、憧れの目を向けずにいられない。
しかし時に、イメージだけが一人歩きしてしまいかねない。娘の牧山桂子氏は「彼らの良い面だけが浮き彫りにされているのは何だか恥かしい気がします」(『白洲次郎と白洲正子―乱世に生きた二人―』共著)と言う。『次郎と正子―娘が語る素顔の白洲家―』では、「良く言えば、独立心を養うためという名目のもとに子供と一歩距離を置く、悪く言えば、自分の世界だけに生きている」母正子、「ただただ無器用に私たちを愛してくれた」父次郎を、ときに冷徹なまでに分析。外からはうかがい知れない等身大の白洲夫妻を浮かび上がらせた。
このたび刊行された『白洲次郎・正子の夕餉』(『白洲次郎・正子の食卓』姉妹版)もまた、料理をとおして次郎と正子のイメージをいい意味で崩してくれる、桂子氏独特の父母へのオマージュといえる。百二十品もの手料理の写真を前に、私たちは、白洲さん家ではいったい何を食べていたのかという興味が満たされるとともに、料理、盛り付け、器づかいなどから垣間見える白洲家のライフスタイルを、その場にいるかのごとく実感できる。お楽しみはそれだけではない。“作る人”桂子氏が明かす、“食べる人”次郎と正子との、ちょっとした“対決”や意外なエピソードに、思わず頬がゆるむのだ。
たとえば次郎は、リゾットやお粥はお腹をこわしたときに食べるものと信じている。クラムチャウダーには必ずクラッカーをつけないと気がすまない。正子は、トマトときゅうりを一緒に食べると体に良くない、きゅうりとにんじんもダメと主張。いかの煮物が嫌い。なぜかと訊くと「私しゃうまいものが好きなのよ」と言い放った。など……
作ってもらっているのに、なんとわがままな! と傍目に思うが、桂子氏も負けてはいない。茹で卵と豚肉の煮物を作って「男は卵だけ食べさせておけば、文句を言わない」と密かにほくそ笑んだり、アスパラガスの根元を残す母にしびれを切らし、「それならこうしてやるとばかり」穂先を五センチほどに切って、ついに全部食べさせたり。それでも、毎秋かりんのジャムを作ってあげると、「母は、赤いジャムを透明のガラスの壺に入れて、朝日にかざし、いつまでも見ていました」。ふと親娘の間に流れる優しい感情に、心が温まる。
唯一残念なのは、もう次郎と正子から“反論”を聞けないこと。でもそこはそれ、一緒に笑い飛ばしているはずだ。

以下、白洲次郎と白洲正子をもっとよく知るために――。
白洲次郎とは何者なのか、繙く時の底本ともいうべきものが、青柳恵介著『風の男 白洲次郎』(新潮文庫)。彼の人生をヴィジュアルで追う『白洲次郎の流儀』(とんぼの本)も必読。「大企業は困ると政府に泣きつく乞食根性を捨てろ」等々、歯に衣着せぬ次郎の直言集『プリンシプルのない日本』(新潮文庫)は、まさに現代にこそ読みたい本だ。
白洲正子の著作は、ほぼすべて『白洲正子全集』(全14巻・別巻1)で読める。いきなり全集はちょっと……という方は、新潮文庫から始められてはいかが。『日本のたくみ』『西行』『夕顔』『いまなぜ青山二郎なのか』『白洲正子自伝』など、古典文学や工芸、古美術、交友関係などについての代表作10冊が揃っている。また、『明恵上人』『私の百人一首』は美しい写真を配した愛蔵版を刊行。書棚に加えてほしい。
正子の多彩な世界を掘り下げた、「とんぼの本」のラインナップもお忘れなく。平明な言葉と一流の舞台写真で分かりやすく説いた『お能の見方』、鶴川・武相荘での暮らしの全貌を伝える『白洲正子“ほんもの”の生活』、終生愛した京都を案内する『白洲正子と歩く京都』などがおすすめだ。

目次

一月 January
からすみ、このわた、このこ、ふきのとうの醤油まぶし、わさびの葉の醤油漬け/ふぐちり、ふぐ刺し、ふぐの白子焼き/ししのしゅんかん/生牡蠣/目刺し、くわいの揚げ物/風呂ふき大根/酢の物/フルーツ・マセドアン
二月 February
ピロシキ/鮭のハンバーグ/いかの詰め物煮込み/牛肉とにんにくの蒸し焼き/ミートボール・ストロガノフ/杏のタルト
三月 March
春野菜の三品 芽キャベツ、蚕豆とにんじんのマヨネーズ和え、アスパラガスとセロリとにんじんの炒め/牡蠣フライ、牡蠣のソテー、えびとほたて入りパイ/いちじくと生ハム/レモンムース
四月 April
桜鱒の塩焼き/鯖ととり貝の刺身/筍と椎茸の炒め物/鯛の黒ずし/すっぽん鍋/やりいか、切り干し大根/オレンジソースのクレープ
五月 May
フルーツの前菜/小えびのサラダ/アスパラサラダ/きゅうりのマリネ、くわいのベーコン巻き/揚げワンタン/チキンカレーと薬味いろいろ
六月 June
クラムチャウダー/伊勢えびのテルミドール/鶏とにんにくの蒸し焼き/ポテトグラタン/ローストビーフ/蚕豆と卵白の炒め物/車えびの辛いソース炒め/いんげんと挽き肉の炒め物/オックステールのスープ/棒々鶏[バンバンジー]とトマト/鴨の北京ダック風/揚げ饅頭/獅子頭/中華ちまき/ブレッド・プディング/抹茶のムース
七月 July
舌平目のムニエル/冷製トマトのカクテル/グリーンピースのリゾット/フォアグラ入りブリオッシュ/ポトフ/キッシュ・ロレーヌ/チーズケーキ
軽井沢の夕餉
ハイティー遊び
八月 August
とうもろこし、枝豆、ビール/蒸し鮑/鰈の煮付け/かぼちゃとオクラ/梅干し/沢煮椀/おでん/太巻き、いなりずし、一夜漬け/トマトと蚕豆のスープ/バナナと生ハムのオーブン焼き、鶏皮のカリカリ焼き/塩漬けタン/ほたて貝のクリームソース/シューファルシー/スイートポテトのコロッケ/オレンジのアイスクリーム
九月 September
オレンジピール/生野菜のサラダ/小いもと茹でピーナッツ/若狭の柳鰈と谷中しょうが/鮑のステーキ/鮑とウニのご飯/茹で卵と豚肉の煮物/てぃびち
十月 October
洋風野菜のお惣菜五種/アボカドとえびのサラダ/タンドリーチキンといちじく、サフランライス/コーンビーフ、ピクルス、パルミット/パイのせ松茸スープ/松茸のホイル焼き
十一月 November
鮭の冷製/スクランブルエッグにキャビア、イクラ、ウニのせ/鶏と栗の煮込み/じゃがいもとトマトの重ね焼き/クーグロッフ、かりんジャム
十二月 December
鯛のあら煮/島らっきょうとこのわた/ほうれん草のおひたし/越前がに/豚肉と大根の煮物/湯葉と豆腐の豆乳鍋/里いもの煮ころがし/花豆のお赤飯、漬物/干し柿
白洲次郎・正子 略年譜
嫌いな物はまずい物だけ
~あとがきにかえて

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

牧山桂子
登録する
野中昭夫
登録する
クッキング・レシピ
登録する

書籍の分類

この分類の本

白洲次郎・正子の夕餉

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto