ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:新潮45 > 雑誌詳細:新潮45 2007年9月号

【総力特集】 昭和&平成 スポーツ界13の「黒い報告書」

新潮45 2007年9月号

(毎月18日発売)

796円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2007/08/18

発売日 2007/08/18
JANコード 4910049370971
定価 796円(税込)

【総力特集】 昭和&平成 スポーツ界13の「黒い報告書」
朝青龍や織田信成問題で改めて問われるスポーツ選手の「心・技・体」。栄光と転落が背中合わせの世界で起きた、世にも不可解な13の事件簿。

◆女子陸上界ホープの連続「性転換」事件
◆元プロボクサーの背負った地獄「袴田事件」の闇
◆長嶋茂雄「解任情報」流出事件
◆「ちゃんこのことで……」横綱・双羽黒の引退騒動
◆「バース問題」渦中で自殺した阪神球団代表
◆少女わいせつで逮捕された「パンダ男」ピッチャー中山のそれから
◆八百長告発本発売直前に「同日同病院同病名」で急死した大鳴戸親方とタニマチ
◆女子テニス界のスター伊達公子と中井貴一の「破局」
◆ジャンボ鶴田「フィリピン肝臓移植」で死す
◆社長室で首を掻き切った「元柔道金メダリスト」猪熊功
◆PRIDE森下代表の怪死で囁かれ続ける「噂」
◆「3万円ほしさに」元ロッテ・小川投手の殺人事件
◆荒川静香を苦しめたスケート連盟「女帝」の罪と罰

◆◆衝撃スクープ!◆◆
[参院選自民大敗の発火点]松岡自殺、久間辞任……安倍政権の次なる標的/一橋文哉

■人気作家が行く! 夢の豪華客船クルーズ珍道中/楡周平

■【達人対談】セミの達人/吉村仁×ビートたけし

■私は「モラ夫」に壊される
 こころのDVモラル・ハラスメントの実態/橘由歩

■爆笑! 女芸人「ジャニヲタ」人生劇場/松本美香

■2014年冬季オリンピック開催地
 「ソチ」はセックスパラダイス/佐藤優

■【事件二大ドキュメント】
・平塚五遺体事件 「千鶴子」という病/中村うさぎ
・裏社会に利用された「ある知的障害風俗嬢」の青春/山本譲司

□■ 特別企画 ■□のだめもびっくり! クラシック界最新裏情報
・オーケストラを45倍楽しむための「マエストロ列伝」/宇野功芳
・天才チェリスト・ロストロポーヴィチのゼニゲバ人生/八田利一
・クラシック音楽を聴かなくなったドイツ人/川口マーン惠美

[コラム]
◆【コラム】10の眼 ten eyes
 社会/鈴森髑髏 経済/竹内靖雄
 政治/上杉隆 女/中村うさぎ
 テレビ/岩切徹

◆読まずにすませるベストセラー やはり読みたいベストセラー “リターンズ”
◆シネマ格付け隊、ムーヴィーズが行く!
◆商品格付け隊が買う!

[連載]
◆夜明けの新聞の匂い 僻地とはいかなる場所か(1)/曾野綾子
◆だまし庵日記/野坂昭如
◆家族の昭和 第二十一回 「コペル君」たちの東京(二)/関川夏央
◆哲学者というならず者がいる 人間嫌い/中島義道
◆虹の部族 第六回 歌姫と孤児たちの戦後史/高山文彦
◆オバはんでもわかる「ダブリン市民」/福田和也
◆ドスケベ三都ものがたり 日本での同棲開始/岩井志麻子
◆矢来町心中 夕方5時の照明問題/マツコ・デラックス
◆ブスの壁/高須克弥
◆日本人の教養 第四十六回 若者を成長させる「気づき」の瞬間/柳田邦男
◆さいばらりえこの鳥頭日記/西原理恵子

[グラビア]
◆The Auction 沈黙の逸品
  歌川国芳の「猫飼好五十三疋」/監修:内田みさほ
◆私の時の時 城田優/写真:佐藤慎吾
◆被写体に恋して 前川貴行の熊
◆シンガポール・タイ・マレーシア、豪華クルーズの旅
◆詩を奏でる絵/宮島永太良
◆斜め45度人間関係星占い/カルマ・カイヤム

◆[第六回]新潮ドキュメント賞 候補作品発表

[企画広告]
◇下重暁子の自転車紳士録(17) 池内紀

[扉のことば]
◇谷沢永一・選

編集長から

スポーツ界とクラシック界
 朝青龍問題にスケート織田信成の飲酒運転……と、スポーツを取り巻く騒動がワイドショーを騒がせ続けているが、昭和と平成にスポーツ界を舞台に世間を激震させた「怪事件」を、この機会にまとめて検証すると、意外な真実が炙り出されてきた――。実は男性だった女子陸上ホープの「性転換」、横綱・双葉黒の引退騒動、少女わいせつで捕まったピッチャー中山、首を掻き切って壮絶な自決を遂げた柔道金メダリスト……など、怪事件の舞台裏を追う好評の総力特集は「昭和&平成 スポーツ界13の『黒い報告書』」。
 また、おまちかね一橋文哉の政界衝撃スクープ「松岡自殺、久間辞任…安倍政権の次なる標的」はどこも報じない深層を抉るスリリングな内容。さらに特別企画「のだめもびっくり!クラシック界最新裏情報」では知的興奮をたっぷりどうぞ。「平塚五遺体事件『千鶴子という病』」など事件ドキュメントも充実。

新潮45編集長 中瀬ゆかり

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

新潮45とは?

「新潮45」の創刊は1982(昭和57)年3月で、創刊当初は「新潮45+」(シンチョウヨンジュウゴプラス)という誌名でした。その名の示すとおり、もともとは45歳以上の中高年層を読者対象に想定した雑誌であり、新潮社にとっては初の総合雑誌への挑戦でもありました。
 3年後の1985年より「+」が取れて、誌名は現在の「新潮45」に変わります。内容も「日記と伝記」を軸にした新たな教養雑誌へとリニューアル。以来、その時々の編集部の方針によってノンフィクションや事件への志向が強まったり、独自の言論に力点を置いたり、誌面は変わり続けてきました。
 しかし、一つだけ変わらない「芯」のようなものがこの雑誌にはあります。
 それは「人の生き死に」について考えるということです。
 扱うテーマや素材は、政治経済から殺人事件、芸能スキャンダルやスポーツ・ドキュメントに至るまで多岐にわたります。叙述の仕方も、論考あり、エッセイあり、重厚なノンフィクションありとさまざまです。けれども雑誌の真ん中には、尽きることのない「人間への関心」がある。
これからも「新潮45」は変わり続けるでしょう。時代に向き合いながら、新しいテーマに挑み、表現の幅も広がっていく。しかし、その「芯」の部分は変わりません。ネットの時代になっても、いやネットの時代だからこそ、「新潮45」は「人間」を書き続けていきます。

 ちょっと危険で、深くて、スリリング。
 死角を突き、誰も言わないことを言い、人の生き死にを考える。
 一度読むとクセになるような「毒にも薬にもなる雑誌」。
 
「新潮45」はそんな雑誌であり続けたいと思っています。

雑誌主催・共催・発表誌の文学賞