ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:新潮45 > 雑誌詳細:新潮45 2007年10月号

【総力特集】「中国vs.韓国」13のどっちがヒドい怪事件簿

新潮45 2007年10月号

(毎月18日発売)

796円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2007/09/18

発売日 2007/09/18
JANコード 4910049371077
定価 796円(税込)

【総力特集】「中国vs.韓国」13のどっちがヒドい怪事件簿
中国4000年13億の中華思想か、はたまた韓国キムチパワーの「恨」流か?近くて遠い隣国二つ。どっちが「酷い」事件でショウ。

◆天津郊外で起きた恐怖の「人肉饅頭」事件
◆韓国激震! ギネス認定「単独犯短時間最多」無差別大量殺人の現職警官
◆自分をレイプした男を21年後に復讐殺人した韓国女の「恨」
◆香港芸能人の「真っ黒びっくり」報道集
◆映画「殺人の追憶」のモデルになった未解決「華城連続殺人」の迷宮
◆中国共産党「法輪功信者虐待」の真実
◆いじめと失恋で……韓国兵士の火病逆ギレ「先輩8人射殺」
◆中国「67人殺害・23人強姦」の稀代の農村シリアルキラー
◆哀号! コリアン芸能界「Xファイル」流出事件
◆国民的英雄・ソウル大学黄教授の「ES細胞捏造事件」
◆山西省レンガ工場の「奴隷」発覚と児童失踪ミステリー
◆言語道断・韓国「親日法」の信じられない内容
◆北京が危ない! 命がけ「五輪」警報集

◆[第六回]新潮ドキュメント賞 発表
 【受賞作】「でっちあげ」(小社刊)/福田ますみ
[選考委員]櫻井よしこ/藤原新也/藤原正彦/柳田邦男/柳美里

■安倍総理電撃辞任!■
盟友が見た「安倍晋三の一年」/荒井広幸

■【達人対談】縄文の達人/小林達雄×ビートたけし

■あなたの知らないロレンスとチャタレー/武藤浩史

■【新連載スタート!】日本語万華鏡/…鈴木孝夫

■お金ことはじめ 室町から江戸の豪商・角倉家の秘密/やまぐちヨウジ

□■ 小特集  医者と病院と私 ■□
・「神の手」心臓血管外科医辞任へ どこへ行く京大病院/石岡荘十
・40代おんな盛りでガンに倒れないために/那須優子
・映画「シッコ」を地でいく、アメリカ医療とんでも体験記/米谷ふみ子

【特別企画】セックスを45倍楽しむ!
・HOW TO SEX ブックレビュー/吉田潮
・現役高校生ウリセンボーイの告白/酒井あゆみ
・60過ぎてもキャバ嬢/迷いずみ
・現役ストリッパーが徹底追跡! 爆笑「性器と日本語」考/ヨーコ

[コラム]
◆【コラム】10の眼 ten eyes
 社会/鈴森髑髏 経済/竹内靖雄
 政治/上杉隆 女/中村うさぎ
 テレビ/岩切徹

◆読まずにすませるベストセラー やはり読みたいベストセラー “リターンズ”
◆シネマ格付け隊、ムーヴィーズが行く!
◆商品格付け隊が買う!

[連載]
◆夜明けの新聞の匂い 開校式の日/曾野綾子
◆だまし庵日記/野坂昭如
◆家族の昭和 第二十二回 「コペル君」たちの東京(三)/関川夏央
◆哲学者というならず者がいる ワルシャワ旅行/中島義道
◆虹の部族 第七回 歌姫と孤児たちの戦後史/高山文彦
◆オバはんでもわかる「異邦人」/福田和也
◆ドスケベ三都ものがたり カレが東京にやってきた/岩井志麻子
◆矢来町心中 とにかく夏は終わったのよ/マツコ・デラックス
◆ブスの壁/高須克弥
◆日本人の教養 第四十七回 私の「人生の師」河合隼雄先生へ/柳田邦男
◆さいばらりえこの鳥頭日記/西原理恵子

[グラビア]
◆The Auction 沈黙の逸品
  ウォーホルの「リズ」/監修:内田みさほ
◆私の時の時 中井貴一/写真:佐藤慎吾
◆被写体に恋して 山崎正勝の子どもの祭り
◆やっぱりスゴい「中国vs.韓国」13の怪事件簿
◆詩を奏でる絵/宮島永太良
◆斜め45度人間関係星占い/カルマ・カイヤム

[企画広告]
◇下重暁子の自転車紳士録(18) テオ・ボス

[扉のことば]
◇谷沢永一・選

編集長から

中国vs.韓国どっちがヒドい?
 北京オリンピックまであと1年という中で、心配されるのが中国の食品問題や公害問題。また韓国も相変わらずの反日ムードで、ついには「親日法」なるトンデモ法律まで登場した。そんな、中・韓のお国柄を反映し、勃発する事件もハンパじゃない! 日本人の感覚では考えられない、その凄まじき怪事件を一挙紹介。「天津郊外で起きた恐怖の『人肉饅頭』事件」「山西省レンガ工場の『奴隷』発覚と児童失踪ミステリー」から「韓国激震!ギネス認定『単独犯短時間最多』無差別大量殺人の現職警官」「いじめと失恋で……韓国兵士の火病逆ギレ『先輩8人射殺』」まで。総力特集「『中国vs.韓国』13のどっちがヒドい怪事件簿」は、近くて遠い隣国を知るためのヒントにもなります。
 小特集「医者と病院と私」では崩壊の危機に瀕する医療問題に多角度から読み解き、特別企画「セックスを45倍楽しむ!」では、笑いつつ、驚きつつ、性の奥深さに浸ってください。

新潮45編集長 中瀬ゆかり

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

新潮45とは?

「新潮45」の創刊は1982(昭和57)年3月で、創刊当初は「新潮45+」(シンチョウヨンジュウゴプラス)という誌名でした。その名の示すとおり、もともとは45歳以上の中高年層を読者対象に想定した雑誌であり、新潮社にとっては初の総合雑誌への挑戦でもありました。
 3年後の1985年より「+」が取れて、誌名は現在の「新潮45」に変わります。内容も「日記と伝記」を軸にした新たな教養雑誌へとリニューアル。以来、その時々の編集部の方針によってノンフィクションや事件への志向が強まったり、独自の言論に力点を置いたり、誌面は変わり続けてきました。
 しかし、一つだけ変わらない「芯」のようなものがこの雑誌にはあります。
 それは「人の生き死に」について考えるということです。
 扱うテーマや素材は、政治経済から殺人事件、芸能スキャンダルやスポーツ・ドキュメントに至るまで多岐にわたります。叙述の仕方も、論考あり、エッセイあり、重厚なノンフィクションありとさまざまです。けれども雑誌の真ん中には、尽きることのない「人間への関心」がある。
これからも「新潮45」は変わり続けるでしょう。時代に向き合いながら、新しいテーマに挑み、表現の幅も広がっていく。しかし、その「芯」の部分は変わりません。ネットの時代になっても、いやネットの時代だからこそ、「新潮45」は「人間」を書き続けていきます。

 ちょっと危険で、深くて、スリリング。
 死角を突き、誰も言わないことを言い、人の生き死にを考える。
 一度読むとクセになるような「毒にも薬にもなる雑誌」。
 
「新潮45」はそんな雑誌であり続けたいと思っています。

雑誌主催・共催・発表誌の文学賞