ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:新潮45 > 雑誌詳細:新潮45 2009年5月号

言葉なき政治の貧困/内田樹

新潮45 2009年5月号

(毎月18日発売)

特別定価838円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2009/04/18

発売日 2009/04/18
JANコード 4910049370599
定価 特別定価838円(税込)

◆言葉なき政治の貧困/内田樹

◆ミニ角栄小沢一郎の末路/黒井有二

【特集】不況ニッポンに出口はあるか

【緊急提言】追加経済対策15兆円はこう使え!
大前研一◇金子勝◇榊原英資◇櫻井よしこ◇野口悠紀雄◇湯浅誠

【特別インタビュー】茅于軾(北京天則経済研究所理事長)
頼みの綱「中国経済」減速で、どうなる日本
取材・構成/鈴木譲仁

【現地レポート】消え去ったオバマの神通力/浜田和幸

■マスターズ 石川親子かく闘えり/早瀬利之

【緊急インタビュー】石破茂・農水大臣に問う、
「農政大転換」で日本を救えるのか  聞き手・構成/足立倫行

■藤原紀香・陣内智則破局で考える 芸能カップル離婚の損得勘定/梨元勝

■【達人対談】地震の達人/尾池和夫vsビートたけし

■『黒部の太陽』に秘められた石原裕次郎の「遺言」/瀬戸川宗太

■“国策捜査”どころではない「東京地検特捜部」の瓦解/石塚健司

【新連載】スポーツドキュメント「あの一瞬」(1)
極限の緊張状態を凌駕した「加藤沢男」逆転のウルトラC/門田隆将

【特別読物】司馬さんと戦車(下)/秦郁彦

【深層レポート】テポドン発射に潜むポスト金正日の暗闘/一橋文哉

■記憶と記録 戦争孤児の父と辿った中国への旅/城戸久枝

■【大反響! 連載第2回】松下幸之助 策謀の昭和史
 *丁稚時代に学んだ「共存共栄」/岩瀬達哉

■光が消えた日 中途失明という絶望との闘い/風樹茂

【特別読物】幸福な妖婦(中)――出産と散財と色仕掛けのパリ/鹿島茂

[連載]
◆作家の日常、私の仕事 「駄菓子と銘菓」/曾野綾子
◆だまし庵日記/野坂昭如
◆【最終回】恋愛単語で知るアメリカ 自分の感情と向き合う/吉原真里
◆銀行王 安田善次郎 *安田銀行設立/北康利
◆外務省に告ぐ/佐藤優
◆スピリチュアル御伽草子 *『こぶとり爺さん』とコンプレックス/江原啓之
◆日本人の教養 *たった一つのいのちだから/柳田邦男
◆レンタル・チャイルド *共食い/石井光太
◆矢来町心中/マツコ・デラックス
◆[シリーズ]私と母 神津カンナ(作家)/歌代幸子
◆[シリーズ]根性を忘れた日本人へ 菅義偉(衆議院議員)/豊田正義
◆[シリーズ]「昭和」の謎に挑む
 なぜ英雄が……「よど号ハイジャック」機長がたどった数奇な運命/上條昌史

【連載コラム】
・浮世/徳川家広
・おんな/中村うさぎ
・経世済民/竹内靖雄

■書物の森

■シネマ・ブレイク

[グラビア]
◆日本再発見
◆シリーズ 世界の暮らし紀行1/小松義夫
◆棚田望郷

[扉のことば]
◇谷沢永一・選

編集長から

麻生首相、小沢代表にも読ませたい
「トラブルへの対処」でしか政治ビジョンを示せない首相。公人の頂点に立つ資格のない野党第一党の党首。なにゆえ日本の政治家の言葉はかくも軽く、貧しいのか。なにゆえ目指すべき国家像を語れないのか――。
 今号のトップは内田樹氏の「言葉なき政治の貧困」。現代屈指の論客が、我が国に蔓延する「日本の病」を説き明します。
 経済特集の目玉は、「15兆円はこう使え!」。お金を使うなら、頭を使えとばかりに、櫻井よしこ氏や榊原英資氏、野口悠紀雄氏ら六人の賢者が緊急提言。叡智の言葉が光ります。
 また今年は石原裕次郎の二十三回忌の年。映画『黒部の太陽』に秘められた裕次郎の“遺言”からは映画への限りない愛とこだわりが伝わってきます。
 北朝鮮情勢からも目が離せません。ミサイル騒動の裏に潜むポスト金正日の暗闘。その深層を、ジャーナリストの一橋文哉氏がレポートします。今月も小誌をお楽しみください。

新潮45編集長 宮本太一

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

新潮45とは?

「新潮45」の創刊は1982(昭和57)年3月で、創刊当初は「新潮45+」(シンチョウヨンジュウゴプラス)という誌名でした。その名の示すとおり、もともとは45歳以上の中高年層を読者対象に想定した雑誌であり、新潮社にとっては初の総合雑誌への挑戦でもありました。
 3年後の1985年より「+」が取れて、誌名は現在の「新潮45」に変わります。内容も「日記と伝記」を軸にした新たな教養雑誌へとリニューアル。以来、その時々の編集部の方針によってノンフィクションや事件への志向が強まったり、独自の言論に力点を置いたり、誌面は変わり続けてきました。
 しかし、一つだけ変わらない「芯」のようなものがこの雑誌にはあります。
 それは「人の生き死に」について考えるということです。
 扱うテーマや素材は、政治経済から殺人事件、芸能スキャンダルやスポーツ・ドキュメントに至るまで多岐にわたります。叙述の仕方も、論考あり、エッセイあり、重厚なノンフィクションありとさまざまです。けれども雑誌の真ん中には、尽きることのない「人間への関心」がある。
これからも「新潮45」は変わり続けるでしょう。時代に向き合いながら、新しいテーマに挑み、表現の幅も広がっていく。しかし、その「芯」の部分は変わりません。ネットの時代になっても、いやネットの時代だからこそ、「新潮45」は「人間」を書き続けていきます。

 ちょっと危険で、深くて、スリリング。
 死角を突き、誰も言わないことを言い、人の生き死にを考える。
 一度読むとクセになるような「毒にも薬にもなる雑誌」。
 
「新潮45」はそんな雑誌であり続けたいと思っています。

雑誌主催・共催・発表誌の文学賞