ホーム > 書籍詳細:辻邦生全集 6 ある生涯の七つの場所 4・5

辻邦生全集 6 ある生涯の七つの場所 4・5

辻邦生/著

7,700円(税込)

発売日:2004/11/25

書誌情報

読み仮名 ツジクニオゼンシュウ06アルショウガイノナナツノバショ4 5
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 辻邦生全集
発行形態 書籍
判型 菊判
頁数 398ページ
ISBN 978-4-10-646906-0
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 7,700円

辻邦生の遺した豊饒な物語世界――。その全容を明らかにする初の本格的全集。

ファシズムや戦争へと傾斜してゆく1930年代。ヨーロッパで、東洋で、アメリカで、人間の全体的な幸福を実現しようとして運命に挑んだ男と女の、生と死のドラマ。交響するモザイク短篇小説・第二巻。

目次
人形(プッペン)クリニック ある生涯の七つの場所4
 人形(プッペン)クリニック
 聖路加病院まで
 森の歌
 城の秋
 マイヤーホーフの春秋
 青い葡萄
 コルヌアーユの恋人たち
 月曜日の記憶
 海辺の城
 薄明の時
 オルフェウスの娘たち
 夜の入口
 地の果て
 春の潮
国境の白い山 ある生涯の七つの場所5
 舷燈の下で
 雨期の終り
 G号埠頭にて
 勝利の女神の翼の部分
 湖畔の焚火
 国境の白い山
 ワシントン街517
 燕の飛び立つ日
 巷の底で
 旅人たちの夜の歌
 夜警の眠り
 野の喪章
 天国へのぼるはしご
 鳥たちの横切る空
解題

著者プロフィール

辻邦生

ツジ・クニオ

(1925-1999)東京生れ。1957(昭和32)年から1961年までフランスに留学。1963年、長篇『廻廊にて』を上梓し、近代文学賞を受賞。この後、芸術選奨新人賞を得た1968年の『安土往還記』や1972年に毎日芸術賞を受けた『背教者ユリアヌス』等、独自の歴史小説を次々と発表。1995(平成7)年には『西行花伝』により谷崎潤一郎賞受賞。他の作品に『嵯峨野明月記』『春の戴冠』等。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻邦生
登録
全集・選書
登録

書籍の分類