ホーム > 書籍詳細:隆慶一郎全集第三巻 影武者徳川家康 二

隆慶一郎全集第三巻 影武者徳川家康 二

隆慶一郎/著

1,870円(税込)

発売日:2009/10/22

書誌情報

読み仮名 リュウケイイチロウゼンシュウ03カゲムシャトクガワイエヤスニ
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 隆慶一郎全集
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 422ページ
ISBN 978-4-10-647003-5
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 1,870円

本書を読まずして、「関ヶ原」を語るなかれ――。もう一つの日本史、現る。

慶長五年秋、関ヶ原。家康の背後に一人の男が接近した。西軍随一の軍師、島左近の忍びの者だった。響き渡るほら貝、沸き起こる鬨の声。その瞬間、男の長槍が正確に家康の心臓を貫いた! 六十歳にしてデビュー、昭和を生きた著者ならではの骨太の人間観で正史の闇を射抜き、歴史好きを興奮のるつぼに叩きこむ圧巻の大河小説。

目次
影武者徳川家康 二
隆慶一郎とその世界
 小和田哲男

著者プロフィール

隆慶一郎

リュウ・ケイイチロウ

(1923-1989)東京生れ。東大文学部仏文科卒。在学中、辰野隆、小林秀雄に師事する。編集者を経て、大学で仏語教師を勤める。中央大学助教授を辞任後、本名・池田一朗名で脚本家として活躍。映画「にあんちゃん」の脚本でシナリオ作家協会賞受賞。1984年、『吉原御免状』で作家デビュー。1989年には『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞を受賞。時代小説界に一時代を画すが、わずか5年の作家活動で急逝。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

隆慶一郎
登録
全集・選書
登録

書籍の分類