ホーム > 書籍詳細:隆慶一郎全集第十九巻 柳生非情剣

隆慶一郎全集第十九巻 柳生非情剣

隆慶一郎/著

2,200円(税込)

発売日:2010/07/22

書誌情報

読み仮名 リュウケイイチロウゼンシュウ19ヤギュウヒジョウケン
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 隆慶一郎全集
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 622ページ
ISBN 978-4-10-647019-6
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 2,200円

隆さん、あなたはいかにして「隆慶一郎」となったのか――。全19巻完結!

昭和をまるごと生き、生涯、己れを売らぬことを信条とした快男子、隆慶一郎。充実の短篇、小気味よいエッセイ集、生前最後の対談をはじめ、絶筆原稿を受け取った記者の回想や長女による深く温かいエッセイなど、全集のための書下ろしを含む読み応え十分の最終巻。

目次
柳生刺客状
慶安御前試合
柳枝の剣
ぼうふらの剣
柳生の鬼
跛行の剣
逆風の太刀
心の一方
銚子湊慕情
時代小説の愉しみ
隆慶一郎 特設鑑賞室
ポール・ヴァレリイに関するノート 池田一朗
シナリオ にあんちゃん 池田一朗
隆慶一郎の道々
対談 日本史逆転再逆転 隆慶一郎・縄田一男
「池田一朗」から「隆慶一郎」へ 羽生真名
年譜
隆慶一郎とその世界
浦田憲治
解題
縄田一男

著者プロフィール

隆慶一郎

リュウ・ケイイチロウ

(1923-1989)東京生れ。東大文学部仏文科卒。在学中、辰野隆、小林秀雄に師事する。編集者を経て、大学で仏語教師を勤める。中央大学助教授を辞任後、本名・池田一朗名で脚本家として活躍。映画「にあんちゃん」の脚本でシナリオ作家協会賞受賞。1984年、『吉原御免状』で作家デビュー。1989年には『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞を受賞。時代小説界に一時代を画すが、わずか5年の作家活動で急逝。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

隆慶一郎
登録
全集・選書
登録

書籍の分類