ホーム > 書籍詳細:隆慶一郎全集第十二巻 見知らぬ海へ

隆慶一郎全集第十二巻 見知らぬ海へ

隆慶一郎/著

1,760円(税込)

発売日:2010/03/24

書誌情報

読み仮名 リュウケイイチロウゼンシュウ12ミシラヌウミヘ
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 隆慶一郎全集
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 370ページ
ISBN 978-4-10-647012-7
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 1,760円

家康を瞠目させた歴戦の海将が、「群青の絆」に生死を賭ける――。

風を読み、潮目を見抜いて、迷わず臆せず戦を仕掛ける。巨艦を擁する北条水軍に挑んだ駿河湾艦隊決戦から、父と子の絆が胸を熱くする伊豆沿海海戦まで、乱戦、奇襲、正攻法。“我、群青に死すとも、誇りは死なず!”終生海を愛した著者が、《海のいくさ人》向井正綱の不撓不屈の勝負魂を朗々と謳いあげる歴史海戦小説。

目次
見知らぬ海へ
夜叉神の翁――金春一族の陰謀

隆慶一郎とその世界
山口昌男
解題
縄田一男

著者プロフィール

隆慶一郎

リュウ・ケイイチロウ

(1923-1989)東京生れ。東大文学部仏文科卒。在学中、辰野隆、小林秀雄に師事する。編集者を経て、大学で仏語教師を勤める。中央大学助教授を辞任後、本名・池田一朗名で脚本家として活躍。映画「にあんちゃん」の脚本でシナリオ作家協会賞受賞。1984年、『吉原御免状』で作家デビュー。1989年には『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞を受賞。時代小説界に一時代を画すが、わずか5年の作家活動で急逝。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

隆慶一郎
登録
全集・選書
登録

書籍の分類