新潮文庫メールマガジン アーカイブス
今月の1冊


「女による女のためのR-18文学賞」第15回の選考会は伝説的な盛り上がり方を見せた。新潮社の女性社員たちによる社内選考では珍しくほぼ満場一致でとある作品が推挙され、最終選考ではその作品が三浦しをん先生、辻村深月先生両名に絶賛され、文句なしの大賞を受賞した。

 それが町田そのこ氏の「カメルーンの青い魚」だった。

 団子を食べていて、差し歯が抜ける。そんな一見コミカルな始まり方をする物語はたった一つの忘れられない恋を切なく描き、そしてあっと驚くミステリー的な仕掛けを見せる。その新人離れした巧さを持った受賞作を含む連作短編集が新潮文庫4月新刊の『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』である。

 町田そのこ氏の快進撃は止まらず、デビューしてわずか4年でこの『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』執筆中に着想したという長編小説『52ヘルツのクジラたち』(中央公論新社)で見事本屋大賞を受賞した。

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』『ぎょらん』(新潮社)、『52ヘルツのクジラたち』の魚をモチーフとした通称(お魚三部作)とは別のシリーズとして町田そのこ氏の全く違った、キャラクターエンタメの面白さを味わえる作品が『コンビニ兄弟―テンダネス門司港こがね村店―』である。

 これは北九州門司港という、町田そのこ氏にとっても何度も足を運んだ思い出の街にある小さなコンビニを舞台に繰り広げられる、個性的な店長とその兄、そして常連客たちによる心温まる物語だ。

 お仕事小説、お店もの小説、というのは世の中に数多くあれど、新・本屋大賞作家が描くキャラクターエンタメの「読んで絶対にハズレのない」面白さに触れてみてほしい。

『52ヘルツ』で名前を知り、町田そのこ氏に興味を持った方は是非この「伝説のデビュー作」『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』とエンタメに振り切った泣けて笑える注目シリーズ『コンビニ兄弟―テンダネス門司港こがね村店―』を手に取ってもらいたい。

※受賞を祝して、『コンビニ兄弟』は写真をつかったフル帯バージョンを期間限定で刊行中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月15日   今月の1冊


「令和は「定時で帰る」でしょ」
 そんな言葉をちょうど二年前の電車の中で、移動中らしきサラリーマン男性たちが話すのを聞いた覚えがあります。TBS火曜10時から放送された連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が放映されている最中のことでした。
 まさかその一年後コロナ禍によって会社に出社する、という働き方そのものが見直されることになるとは想像もしませんでしたが、「定時で帰ります。」という会社員なら誰しもがざわつかずにはいられないワードは当時、放送されるたびにSNSでもトレンド入りを果たし、「自分にとって働くとはなんだろう」という問いを投げかける作品として話題になりました。
 3月新刊新潮文庫『わたし、定時で帰ります。2―打倒!パワハラ企業編―』は前作『わたし、定時で帰ります。』と併せてドラマ原作の2巻目になります。
「定時で帰る」というワードを切り口に浮かび上がる会社員たちの葛藤や価値観の衝突――早く家に帰ってプライベートを充実させたい、でも一生懸命仕事していないと誰かから思われるのはいやだ。仕事場にしか居場所がない。超過労働でなんとか空白を埋めよう。......そんな同調圧力と日本の職場でまま見られがちの精神論の中で、心が摩耗していき、正しいことすら見えなくなっていく。そんな敵とどう戦うか。あるいは切り抜けるか。
 本作は"絶対に定時で帰る。"をモットーとする主人公東山結衣に襲いかかる問題児ばかりの新人教育と、クライアントからのパワーハラスメントが主軸となっています。
 一筋縄ではいかない状況の中を結衣はどう対処していくのか。そして、元婚約者との関係はどうなっていくのか? 笑いあり、涙あり、至高のエンターテインメントが繰り広げられます。
 解説はドラマの主題歌も歌われたSuperfly越智志帆さん。ソウルフルな内容にも注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月15日   今月の1冊


 突然ですが、あなたのご両親のなれそめを聞いたことはありますか? お父さんの苦労話について尋ねたことはありますか? お母さんから悩みを打ち明けられたことはありますか?
 すべて「あるよ!」と答えられる人は、あまりいないのではないでしょうか。誰よりも近い存在であるはずなのに、親のことって、実はほとんど知らないのかもしれません。
 20年前に母を亡くし、以来父が唯一の肉親であったジェーン・スーさんも、その事実に気づきました。そこで「父の話が聞けなくなってしまう前に」と書き始めたのが、本書『生きるとか死ぬとか父親とか』です。
 70代後半の父から、母との出会いについて、戦争体験について、青春時代について、さまざまなエピソードを聞き出していくうちに、スーさんには父という人の輪郭がだんだん見えてきます。同時に、若くして失った母をめぐる、つらすぎてこれまで目を背けてきた記憶にも向き合うことになり――。
 しっかり者の娘と、愛嬌たっぷりの父。スーさんとお父さんだけの特別な話なのに、なぜか読者は自分の親や子どもを思い起こさずにはいられない、そんな普遍的な家族の在り方が、この作品には描かれています。
 そして4月9日(金)からは、本書を原作としたドラマもスタート。スーさんをモデルにした主人公を演じるのは吉田羊さん、そのお父さん役は國村隼さんです。親子の可笑しくも切ないほんとうの物語を、原作、ドラマともどもお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月15日   今月の1冊


 7月1日公開予定の「峠 最後のサムライ」(監督・脚本 小泉堯史)、そして10月公開予定の「燃えよ剣」(監督・脚本 原田眞人)。司馬遼太郎作品原作の映画2作品が、公開待機中です。「峠」の主人公・河井継之助を演じるのは役所広司さん、そして「燃えよ剣」の主人公・土方歳三は岡田准一さんと、映画「関ケ原」で徳川家康、石田三成を演じた2人の名優が、立場・地位は違うけれど、己の信念を胸に激動の幕末を駆け抜けた「サムライ」を演じています。
 2作品の映画化を機に、司馬作品を読んでみようという方々も多いかもしれませんが、司馬遼太郎作品は、戦国もの、幕末もの、明治もの、そして紀行エッセイの傑作『街道をゆく』、日本人とは何かを問い続けた文明批評エッセイと、その世界は多岐にわたっています。大河ドラマの原作等で名前は知っているけれど、「どの作品から読めばいいの?」とお迷いの方も多いかもしれません。

 そんな戸惑いをお持ちの方におすすめなのが、新潮文庫の新刊『文豪ナビ 司馬遼太郎』。
 多彩な作品世界を理解するための5つのコースを用意して、それぞれのジャンルの中から代表的な作品をピックアップ。それぞれの作品の読みどころを判りやすく紹介する「ジャンル別! 司馬遼太郎作品ナビ」。
「人間としての値うちは、志を持っているかいないかにかかわっている」「仕事というものは、全部をやってはいけない。八分まででいい。八分までが困難の道である。あとの二分はだれでもできる。その二分はひとにやらせて完成の功を譲ってしまう。それでなければ大事業というものはできない」といった作品にちりばめられた名言を集めた「人生に効く! 司馬遼太郎の名言」。
 作家の人生にグッと迫った「評伝 司馬遼太郎」。
 新潮社秘蔵の貴重なビジュアル満載の巻頭グラビア。
 様々な角度から、司馬遼太郎とその作品を解き明かし、その新たな魅力を徹底解剖した作家ガイド本が、『文豪ナビ 司馬遼太郎』です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月15日   今月の1冊


 2008年のシリーズ開始から13年、神永学さんの「天命探偵」シリーズがついに完結しました。7作目にして最終巻の『アトラス』では、シリーズ最大の危機、最強の敵、そして最高のクライマックスをお約束します。

 死の予知する志乃の夢に現れた次の犠牲者は、警察庁警備局公安課のトップ・唐沢。これまで共闘してきた上司が殺される未来図に衝撃を受ける真田たちは、忌まわしい運命を変えるべく危険な作戦に身を投じます。そこへ現れたのは、前作『アレス』にも登場した因縁の敵・アレス。無敵の闘神を前に、最強バディの真田と黒野も苦戦を強いられます。運命に抗うことはできるのか。そして、眠り続ける志乃は目を覚ますのか――。

 真田が繰り広げる派手なアクションシーンと、黒野が誇る冷静沈着な頭脳戦が冴え渡り、読み進めるごとに興奮が増してゆきます。そして読み終えると、興奮とともに、あたたかな満足感と幸福感でいっぱいになることと思います。

「心霊探偵八雲」「怪盗探偵山猫」と並ぶ神永学の「三大探偵シリーズ」、掉尾を飾る「天命探偵」のラストシーンをどうぞ読み逃しなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月15日   今月の1冊