ホーム > 書籍詳細:山本周五郎長篇小説全集 第五巻 柳橋物語・むかしも今も

山本周五郎長篇小説全集 第五巻 柳橋物語・むかしも今も

山本周五郎/著

1,650円(税込)

発売日:2013/09/27

書誌情報

読み仮名 ヤマモトシュウゴロウチョウヘンショウセツゼンシュウ05ヤナギバシモノガタリムカシモイマモ
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 山本周五郎長篇小説全集
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 346ページ
ISBN 978-4-10-644045-8
C-CODE 0393
ジャンル 評論・文学研究、全集・選書、文学賞受賞作家
定価 1,650円

ほんとうの愛とは、どんなものなのか? 感動がさらに高まる「脚注」の力。

ひたむきに、ただ、ひたすらに――。幼い恋を信じ、過酷な運命に翻弄されるおせんと、命をかけて愛を貫く幸太(『柳橋物語』)。周囲の愛に包まれ、何不足なく育ったまきを襲う夫の裏切り、まきを愚直なまでに守り抜こうとする直吉(『むかしも今も』)。大災害が相次ぐ中、男女それぞれの一途な「愛のかたち」を描く、下町人情の傑作二篇。

目次
柳橋物語
前篇
中篇
後篇
むかしも今も
山本周五郎を読む
山本周五郎と私 原田マハ
解説 川島秀一
付録
主要登場人物一覧
地図

著者プロフィール

山本周五郎

ヤマモト・シュウゴロウ

(1903-1967)山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続けた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本周五郎
登録
評論・文学研究
登録
全集・選書
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類