ホーム > 書籍詳細:山本周五郎長篇小説全集 第六巻 栄花物語

山本周五郎長篇小説全集 第六巻 栄花物語

山本周五郎/著

1,980円(税込)

発売日:2013/10/25

書誌情報

読み仮名 ヤマモトシュウゴロウチョウヘンショウセツゼンシュウ06エイガモノガタリ
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 山本周五郎長篇小説全集
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 580ページ
ISBN 978-4-10-644046-5
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書、文学賞受賞作家
定価 1,980円

あらゆる者が無傷ではいられない――。脚注で、さらに楽しむ歴史物語。

非難と悪罵のなか、政治・経済改革を貫き通す老中田沼意次の苦闘。偽悪家を装いながらも、意次に引きつけられる旗本青山信二郎と、善良さゆえに運命に翻弄され転落してゆく、信二郎の親友・藤代保之助……。人間らしく生きようとする人々の苦悩を描き、経済小説の先駆として、従来の歴史観を覆した名作!

目次
月の盃
汚名の人
冬のちまた
夕顔の少将
香汗
狩の行事
あだ化粧
かはたき
小金ケ原
獲物
花のうわさ
足音
風の彼方
白書院評定
埃立つ街
傷心
慥かな足音
愛の明暗
定信登場
しぐれの中
ぬかった道
作者の言葉 山本周五郎
山本周五郎を読む
山本周五郎と私 冲方 丁
解説 木村一信
付録
主要登場人物一覧
地図

著者プロフィール

山本周五郎

ヤマモト・シュウゴロウ

(1903-1967)山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続けた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本周五郎
登録
全集・選書
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類