ホーム > 書籍詳細:山本周五郎長篇小説全集 第十二巻 ながい坂(下)

山本周五郎長篇小説全集 第十二巻 ながい坂(下)

山本周五郎/著

1,870円(税込)

発売日:2014/02/21

書誌情報

読み仮名 ヤマモトシュウゴロウチョウヘンショウセツゼンシュウ12ナガイサカ2
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 山本周五郎長篇小説全集
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 514ページ
ISBN 978-4-10-644052-6
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書、文学賞受賞作家
定価 1,870円

これは俺が選んだ道だ——。「脚注」で読む、新しい感動、新しい周五郎。

下級武士の子として生れた小三郎は、八歳の時に人生を決定づける理不尽な出来事に遭遇する。その後、学問と武芸で頭角を現し、若き藩主の側近に抜擢された彼は、藩政改革に乗り出してゆく。しかし、藩内の風当たりは強い。さらに藩主継承をめぐる陰謀が企てられていた……。一歩一歩困難を乗り越えてゆく男の、矜持ある人生。

目次
梅の井にて
 十六
喜の字の祝宴
 十七
泰安寺方丈
 十八
縄屋半六にて
 十九
狸店にて
 二十
縄屋半六にて
 二十一
滝沢邸にて
 二十二
西小路にて
 二十三
阿波重にて
 二十四
阿波重にて
 二十五
平野屋にて
 二十六
昌治出馬
 二十七
夜の静かな雨
 二十八
梅の井にて
 二十九
主水正登城
作者の言葉 山本周五郎
山本周五郎を読む
山本周五郎と私 恩田陸
解説 奥野政元
付録
藩主三代系図
主要登場人物一覧

著者プロフィール

山本周五郎

ヤマモト・シュウゴロウ

(1903-1967)山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続けた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本周五郎
登録
全集・選書
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類