ホーム > まとめ > 本の中の「おいしい」もの

本の中の「おいしい」もの

作成者:小説新潮編集部

小説新潮
「小説新潮」2019年3月号

「小説新潮」2019年3月号は8つの食の風景を描いた小説・エッセイ特集です。
 小説やエッセイを読んでいると、思わず生唾をのむような「おいしい」描写に出合います。事細かく書かれていると、頭の中はもうそればっかりになるのです。本の中の「おいしい」をご紹介いたします。

サンドイッチ

ママは薄く切ったパンにバターを塗っていた。おばあちゃんはいり卵をつくっていた。バターに卵の溶けるいい匂いが部屋じゅうに広がっていた。

[本書「西の魔女が死んだ」より]

ハンバーグ

大きめのボウルに挽肉を入れ、みじん切りの玉ネギと、他にもキャベツとかニンジンとか、ときに椎茸とか、残り野菜を入れてカサを稼ぐ……(略)最後に塩胡椒、ナツメグを加えて味を調える。

[本書「普通ハンバーグ」より]

カツ丼

外観も異様においしそうだったが、食べてみると、これはすごい。すごいおいしさだった。(略)カツの肉の質といい、だしの味といい、玉子と玉ねぎの煮え具合といい、かために炊いたごはんの米といい、非の打ちどころがない。

[本書「満月――キッチン2」より]

サラダ

フォワグラサラダだが、フレッシュフォワグラを分厚く切り、フライパンで素焼きにし、表面がパリッとなったところで醤油を投入し、大皿に盛ったレタスの上にジュージュー泡立つ油ごとジャーッとかけたものである。

[本書「まじめでおかしな仲間たち ドクターの誕生会」より]

おみそ汁

前の晩に仕込んでおいた煮干しから、うっすらとダシが滲み出てほんのり魚の香りが漂っていた。(略)味噌を入れたら絶対に煮立たせないこと。必ず煮えばなをお椀によそうこと。

 卵の中に水で溶いた片栗粉を入れ、更によく混ぜ合わせた。これを、菜箸に伝わらせるようにして汁の中に落とす。

[本書「こーちゃんのおみそ汁」より]

バター醤油ご飯

「バターは冷蔵庫から出したて、冷たいままよ。本当に美味しいバターは、冷たいまま硬いまま、その歯ごたえや香りを味わうべきなの。ご飯の熱ですぐに溶けるから、絶対に溶ける前に口に運ぶのよ。冷たいバターと温かいご飯。まずはその違いを楽しむ。(略)」

[本書より]

豚肉料理

豚カツ用の肩ロースの切り身に、たらことチーズをのせて焼く「好きなものだけ焼き」とか。薄切り肉に余り野菜を巻いて、醤油と酒と味醂の甘辛タレで煮詰める豚肉まきまきとか。

[本書「私の愛するもの ありが豚」より]

粗料理

石川県能登の「鰤のかげのたたき=生の鰤のかげ(鰓)を鉈でたたいて細かくし、大根のみじん切りと麹と塩を混ぜて漬け込む。五日ほどしたら、アワビの殻に入れて貝焼きにする」など、日本の郷土料理も粗を使いこなしているのを学ぶ。

[太田和彦/「粗屋」の開店はいつ? 「波」2019年1月号より →全文へ]

チョコレートケーキとコーヒー

夜ごはんのあと、あたしたちはチョコレートケーキを食べて、コーヒーをのんだ。

[本書「2001・逗子」より]

 部屋の中は、チョコレートケーキのいい匂いがしている。(略)
「いつごろ引越すの?」
 ケーキを食べながら、あたしは訊いた。
「まだわからないわ」
 ママは言い、濃いコーヒーを啜る。

[本書「2004・東京」より]

キーワード