ホーム > 書籍詳細:新潮日本文学アルバム 52 開高健

広告人。反戦人。釣人的冒険人にして美食人。〈昭和〉を軽やかに横断した作家の全足跡―。

新潮日本文学アルバム 52 開高健

開高健/著 、栗坪良樹/評伝 、立松和平/エッセイ

1,296円(税込)

本の仕様

発売日:2002/04/26

読み仮名 シンチョウニホンブンガクアルバムカイコウタケシ
シリーズ名 新潮日本文学アルバム
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 111ページ
ISBN 978-4-10-620656-6
C-CODE 0391
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 1,296円

コピーを書いて芥川賞作家になろう! 先駆的広告人、反戦人、世界を駆ける釣り人的冒険人にして豪快な美食人。“いまここに”生きることに徹した作家の全足跡。

著者プロフィール

開高健 カイコウ・タケシ

(1930-1989)大阪市生れ。大阪市立大卒。1958(昭和33)年、「裸の王様」で芥川賞を受賞して以来、「日本三文オペラ」「流亡記」など、次々に話題作を発表。1960年代になってからは、しばしばヴェトナムの戦場に赴く。その経験は「輝ける闇」「夏の闇」などに色濃く影を落としている。1978年、「玉、砕ける」で川端康成賞、1981年、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞、1986年、自伝的長編「耳の物語」で日本文学大賞を受けるなど、受賞多数。『開高健全集』全22巻(新潮社刊)。

栗坪良樹 クリツボ・ヨシキ

1940年旧満州生まれ。早稲田大学卒。私立麻布中学・高校で教鞭をとる。青山学院女子短期大学学長を経て、現在同大学国文学科教授。河出書房新社『定本横光利一全集』、岩波講座『日本文学史』、岩波書店『阿部昭集』等の編集に携わる。著書に評論集『私を語れ、だが語るな』、論文集『現代文学と魔法の絨緞』、資料集『村上春樹スタディーズ』(共編)、『現代文学鑑賞辞典』、『新潮日本文学アルバム 寺山修司』など。

立松和平 タテマツ・ワヘイ

(1947-2010)栃木県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞。卒業後、種々の職業を経験、故郷に戻って宇都宮市役所に勤務した。1980(昭和55)年「遠雷」で野間文芸新人賞、1993(平成5)年『卵洗い』で坪田譲治文学賞、1997年『毒─風聞・田中正造─』で毎日出版文化賞、2002年歌舞伎座上演「道元の月」台本で大谷竹次郎賞、『道元禅師』で2007年泉鏡花文学賞、2008年親鸞賞を受賞。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

開高健
登録する
栗坪良樹
登録する
立松和平
登録する

書籍の分類

この分類の本

新潮日本文学アルバム 52 開高健

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto